手探りのSFC修行/JGC修行

2017年5月にSFC修行を解脱しまし,なんとかプラチナまでは達成できました。2018年にはJGC修行の予定です。それらに関する事をまとめたブログです。

初心者陸マイラーのためのANAマイルの貯め方(導入編)

こんにちわ!!

私は、2016年から陸マイラーになりました。SFC修行/JGC修行を考えている人向けにポイントサイトのお得情報、特にクレジットカードのお得情報やマイルの効率的な貯め方を記載しています。

 

先日からマイルを大量に貯める仕組みやそれに必要なポイントサイトの活用法について記載してきました。

今回は、初心者の陸マイラーさんにお勧めするマイル(実はポイント)の貯め方について記載します。

『だいたいの仕組みや活用方法は理解できたが、実際には何をすればいいの?』という方への導入編です。

 

マイルを大量に貯める仕組み(陸マイラー)については、以下を参照してください。  

www.trysfc.com

 

 ポイントサイトの活用法は、以下を参照してください。    

www.trysfc.com

 

   ソラチカルート

 まず、ANAマイルを貯めるために必要な『ソラチカルート』について説明します。

実際に、ポイントサイトでポイントを貯めるとその貯めたポイントをANAマイルへ移行する必要があります。通常、ポイントサイトの中で、現金化、電子マネー、各種ポイントまたはANAマイルへ移行できるようになっています。しかし、そのポイントサイトでANAマイルへ移行してはいけません。ANAマイルへ移行する場合、交換率があります。

通常の場合、50%の交換率になります。

しかし、以下のルートで交換すると90%の交換率で交換できます。

f:id:trysfc:20170919142034j:plain

 

この最後の『東京メトロ』というのが、東京メトロが発行している通称『ソラチカカード』というクレジットカードです。

 ソラチカカード

f:id:trysfc:20170919142912j:plain

 

例えば、上記のハピタスの20,000ポイントを

①一旦、.moneyの20,000ポイントに交換し、

②その後、ソラチカカードの20,000ポイントに交換して、

③最後にANAマイルの18,000マイルに交換するということです。

それで、90%の交換率が実現できました。

これで50%に目減りするものが90%になるのですから面倒くさがらずに頑張りましょう。

各ポイントサイトへの登録は、以下のブログを参照してください。 

www.trysfc.com

 

 マイル交換の上限

次に、もう1つ大切なことを説明させてください。上記のポイントの交換には、1か月に交換できる上限があるということです。

東京メトロポイントからANAマイルへの交換時

 1か月に東京メトロ からANAマイルに交換できる上限は、20,000ポイント(18,000ANAマイル)です。(交換は、1か月に1回のみです。)

 よって、年間では、18,000ANAマイル×12か月で、216,000ANAマイルまでしか交換できません。よく、『年間216,000ANAマイルを貯める方法』とかブログにありますが、この上限値を意識しているからです。

②ハピタスポイントへの交換の上限

 ハピタスのポイントも1か月に30,000ポイントまでしか交換できません。

 この場合、30,000ポイントの内、20,000ポイントはソラチカ(東京メトロポイント)ルートで、18,000ANAマイルに交換します。次に、残りの10,000ポイントをTポイント経由(交換率50%)で、5,000ANAマイルに交換します。1か月で23,000ANAマイルに交換できます。

 よって、年間では、23,000ANAマイル×12か月で、276,000ANAマイルを貯めることができます。

 初心者におすすめの陸マイラー活動

ここからが大切な部分です。

初心者の場合は、1か月に18,000ANAマイルを貯めることを目標にすればいいと思います。つまり、ポイントサイトで1か月に20,000ポイントを貯めます。

『1か月に20,000ポイントを貯めます。』と言ってもどうやって貯めるの?という声が聞こえてきそうですが簡単です。

まずは、クレジットカード案件で、1か月に20,000ポイント貯めてください。

クレジットカード案件の場合、以下の2つの条件を満足するものを探してください。

①年会費永年無料または年会費初年度無料のカード

②付与されるポイントが10,000ポイント(10,000円相当) 以上

(通常、これがお得案件と判断する基準になっているようです。)

この案件なら1か月に2枚のカードを発行すれば条件クリアです。

他のブロガさんの情報では、『クレジットカードは、2か月に1枚程度』とか『1か月に1枚程度』とかの記載がありますが、少なくとも私は、1年間コンスタントに1か月に2枚のカードを発行しましたが、『審査落ち』たことはありませんでした。(ここは、くれぐれも自己責任でお願いします。)1か月に2枚以下は必ず厳守願います。

また、1か月に2枚のクレジットカード発行手続きをしてもポイントは、必ず1か月に20,000ポイント分が付与されるとは限りません。付与タイミングは、それぞれ異なるのでズレます。それも考慮にれてください。

有効期限に関する注意事項

 有効期限に関する注意点としては...

ハピタスポイントは、有効期限無し。ただし、1年に1度はログインする必要があります。

ドットマネーは、有効期限が6ヶ月後の月末までです。ポイントが失効する前に交換する必要があります。幸い交換上限がないため、まとめて交換可能です。

メトロポイントは、有効期限が最長2年間。ANAマイルへの交換上限が20,000ポイントで、最短1年間しか保有できないため、24万ポイント以上貯め込まないようにしてください。

ANAマイルは、有効期限が3年間。最悪利用できないマイルは、電子マネー等に交換するなどの方法があります。

 最後に

最後まで、お読み頂きありがとうございます。

まだまだ、プログを書くのは素人ですので、“読みやすいプログになっているのか?”

心配です。もし、ご意見・アドバイスが頂ければ幸いです。